公務員であれば、年数はかかるが確実に行政書士になれます

行政書士を目指される方の中には、「現状公務員で、実務経験を活かせそうだから」といった理由からこの資格に注目されるケースもあると思います。
しかしながら、「今すぐに公務員を辞めて開業するぞ」というのではなく、「ゆくゆくは・・・」程度に考えているのであれば、焦って行政書士試験を受けなくても良いかもしれません!

行政書士試験は、公務員としてのキャリアで免除される可能性があります。

cf4eb4f1668a9e0a8243d5e8f056a09e_s

【 基本的には「公務員経験17年以上」で行政書士資格が得られる 】

「行政書士となる資格」については、東京都行政書士会のホームページにいくつかその条件が挙げられています。そのうち、

“国又は地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間及び特定独立行政法人(独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)第2条第2項に規定する特定独立行政法人をいう。以下同じ。)又は特定地方独立行政法人(地方独立行政法人法(平成15年法律第118号)第2条第2項に規定する特定地方独立行政法人をいう。以下同じ。)の役員又は職員として行政事務に相当する事務を担当した期間が通算して20年以上(学校教育法(昭和22年法律第26号)による高等学校を卒業した者その他同法第90条に規定する者にあっては17年以上)になる者”
http://www.tokyo-gyosei.or.jp/registration/qualification.htmlより)

に該当する方であれば、行政書士試験を受験せずとも行政書士資格を得ることが出来ることになっています。
上記の書き方では少し長く分かりにくいのですが、要するに「国家公務員または地方公務員を17年(中卒の場合は20年以上)やれば行政書士の資格がもらえる」ということです。

行政書士試験は、仕事をしながらちょっと勉強する程度で合格できる試験ではありません。
よって、現状公務員で、ある程度長く仕事をされるつもりであれば、何も急いで受験をせずとも、上記の要件をクリアして行政書士試験の免除に該当される方がオススメです。
ちなみに、他国家資格では「公務員としての実務経験」が試験科目の一部免除に該当することは多いのですが、行政書士のように試験丸々免除になるケースは極めて稀です。
活用しない手はないですね!

それぞれに独占業務あり。必ずしも「司法書士が上位資格」とは言えない

本サイトを訪れている皆さんは、おそらく「行政書士試験」に的を絞り、資格取得を目指そうという方がほとんどだと思います。
しかしながら、もしかしたら「目指せるなら司法書士に挑戦してみようか」「行政書士にこだわらず、とにかく役に立つ資格が欲しい」といったケースもあるでしょう。

行政書士って、そもそも何をする人なのでしょうか?
同じ「書士」でも、司法書士との違いとは?

db0d0e894aef46a9c5a369fd2e6f2a90_s

ここでは、行政書士と司法書士で重複しがちな「相続」と「会社設立」の2業務を軸に、両者の違いについてご紹介したいと思います。

登記や訴訟の絡みであれば「司法書士」

結論から言えば、相続に関わる業務も会社設立業務も共通して、「登記」「訴訟」といったカテゴリにまで携わるのであれば行政書士資格のみでは足りず、司法書士の業務管轄となります。具体的には

相続関連

行政書士と司法書士両方ができること

司法書士のみできること

会社設立

行政書士と司法書士両方ができること

司法書士のみできること

キーワードは「登記」「訴訟」。
ここまで対応可能かどうかが、行政書士と司法書士の決定的な違いであると言えます。

もちろん、行政書士にしかできない業務だってある

さて、ここまで読むと、「行政書士より司法書士を目指すべきなのでは?」と感じられてしまうかもしれません。
また、一般的な認識としても「行政書士より司法書士の方が上」といった考え方が主流であるとも言えます。

ですが、「相続」や「会社設立」は行政書士が扱える業務のほんのごく一部に過ぎません。
行政機関への提出書類を幅広く扱う行政書士の魅力といえば、何と言ってもその「業務範囲の広さ」。
どの分野を強みにするか、専門に扱うかによっては、司法書士とはまったく異なるカテゴリで活躍することも可能です。

例えば、各種許認可関係や外国人帰化申請等は行政書士のみが独占して扱える業務であり、これらを専門にされている行政書士事務所はいくつもあります。
そしてもちろん、これらの分野では「司法書士は素人、行政書士こそが専門家」であると言えます。

これから行政書士を目指す方は、ぜひ行政書士としての仕事に誇りを持ってください。
「難易度が高いから司法書士が上位資格」であるとは言えません。両者の違いを正しく理解した上で、適切な資格を目標にされることをお勧めします。

行政書士に向いている人ってどんな人?

行政書士として開業することは、試験にさえ合格出来れば誰にでも可能ですが、実際にこの仕事を楽しめるか、思う様に稼ぐことができるかは、おそらく適性の有無によるのではないかと思います。
行政書士に限らず、どんな仕事に就いたとしても、「私には適性がないかもな」と頭を悩ませることもあるでしょう。個人的に、仕事に対する向き、不向きというのは確実にあって、ビジネスで大成するためには「自分自身の適性に合った仕事に就けるかどうか」が大前提であると思うんです。

それでは、行政書士としての適性とは、一体どんな要素を指すのでしょうか。
ここでは、いくつかをピックアップして挙げていきます。

根気強く、責任感のある

→行政書士の業務の大半は書類作成。地道な業務にも日々コツコツとこなせるかどうかは、適性を見極める上で重要な要素となります。
また、業務に付随して扱う情報はいずれも個人情報となりますから、こうした事項においても適当ではなく、責任感を持ってしっかりと扱えることが必須です。

事務作業が好きで、迅速に行える

→行政書士のメイン業務となる書類作成を「楽しめるかどうか」は、意外と重要な要素であると言えます。
「人前で話したり、コンサルしたり、もっと華やかな仕事がしたい!」という方には不向きかもしれません。
セミナーやコンサル等を幅広く手掛ける行政書士もいますが、やはり基本となる業務は「書類作成」ですから、これを楽しんでやれることは大切です。
また、ビジネスである以上、スピーディーさが求められるという点も、くれぐれも忘れずに。

コミュニケーション能力が高い

→士業といえども、黙っていても依頼が入ってくる時代ではありません。積極的に外に出て、仕事を獲得していかなければなりません。また、依頼者の声に耳を傾け、適切なアドバイスをすることも重要な仕事のひとつ。よって、コミュニケーション能力は高いに越したことはありません。

好奇心旺盛

→行政書士が扱う書類は一万種以上とも言われています。「専門分野を決めて、それ以外は受けない」というスタンスでも良いのですが、ビジネスチャンスを広げるという意味では、あらゆる分野に興味を持って携われるのが理想です。

いかがでしょう、みなさんは“行政書士向き”でしょうか?「我こそは!」と思える方、さっそく【本試験対策の極意】を読み進めてまいりましょう!

年収はピンキリ。仕事へのスタンスと努力がカギに

行政書士を志す方にとって、目下の関心事といえばやはり「年収」ではないでしょうか。行政書士としてのステイタスは重要、でも、年収としてさほど期待が出来ないならば、これまでの生き方をがらりと変えてまで挑戦するようなことはしませんよね。ビジネスである以上、「どれだけ儲かるか」は重要なポイントになってくることは言うまでもありません。

行政書士の年収として、統計的なデータというものは残念ながら存在しません。しかしながら、ネット上の情報サイトなどを見る限りではおおむね「200~1,000万円」というのが一般的な認識なのでしょうか。もっとも、下限と上限にこんなに開きのある数字となればたいして参考にもなりませんが、事実、行政書士の年収は人によって様々であると言えるのかもしれません。

例えば、主婦の方で家事育児に支障の出ない範囲で実務に取り掛かる場合、行政書士資格を活かしているとはいえ、年収としてはさほど高額にはならないでしょう。ですが、「生活を支える夫の収入に“+α”出来ればよい」位の認識であれば、たとえ稼ぎとしてはイマイチでも、ご本人にとっては充分に満足できる額かもしれませんよね。

一方、一家の生計を担う立場の方がバリバリ行政書士として仕事をしようと思うのであれば、やはり年収は高額であればあるほど望ましいといえますし、実際の取り組みもそれに見合うものでなければならないでしょう。

つまり、ひと口に「行政書士の年収」と言っても、置かれている状況や仕事へのスタンス、取り組み方の違いによって大きく異なる、というのが本当のところなのではないかと思います。

皆さんが行政書士として開業した場合、一体どの程度の年収を目標に定めるのでしょうか。「平均的な値」ではなく、「ご自身の理想」と照らし合わせて考えてみるのが良いかもしれませんね。

初学者でも法律の専門家に!独立開業が目指せるスキルアップ資格

一般財団法人行政書士試験研究センターによると、平成26年度の行政書士試験受験者数は62,172名とのこと。
90,000名近い受験者数をマークした数年前と比較すると、若干勢いは衰えてきているのかなと感じられるものの、行政書士試験はまだまだ根強い人気を誇ります。

そもそも、数ある国家資格の中でもなぜ、「行政書士」に注目が集まっているのでしょうか?
行政書士試験対策の極意に先立ち、まずは「行政書士人気の理由」に迫ってみたいと思います。

 今、行政書士試験がアツい理由。それはずばり、この資格が「誰にでもチャレンジできる独立系士業資格」であるからだと思います。
安定した会社員の立場を捨て、自分で何か新しくビジネスを立ち上げようと考えた時、やはり「資格」という後ろ盾があるのとないのとでは、安心感が違いますよね。ビジネス上、よほど何か良いアイディアがある方であれば別として、ほとんどの方にとっては“独立開業”へのハードルは高くそびえ立つもの。「いつかは」と思っていても、決定的な「何か」がなければ、たいていは新たな道を歩み出すことはありません。

行政書士試験に合格することで、皆さんは法律家として独立開業することが可能になります。
一番のポイントとしては、この資格には他士業で設定されているような受験資格が存在しませんから、誰でも思い立ったらすぐに受験を志すことができるという魅力でしょうか。

極端な話、これまで法律をまったく知らなかったような方でも、半年~1年程度みっちり勉強することで法律家デビューできてしまうんですから、資格の力はたいしたものです。
また、他ビジネスと比較すれば、圧倒的に低予算での独立開業が実現しますから、漠然と「1人で商売がしたいな」と思われている方にはもってこいかもしれません。

行政書士試験合格は、いわば人生における「プラチナチケット」。誰にでもチャンスがあるとなれば、挑戦しない手はありませんね!