通信教育は“副教材”にも注目

使っていて「楽しい」と思えるテキストと講義、この2つが行政書士試験対策通信教育の良し悪しを見極めるカギとなることはすでにご紹介してまいりましたが、もうひとつの重要な観点をプラスαで付け足しておきましょう。

それはズバリ、「副教材の充実ぶり」です。

行政書士試験対策に限らず、「通信教育の副教材なんて、ほんのオマケ程度・・・」といったイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。実際に、「テキストと講義はよく使ったけれど、副教材はあんまり活用しなかった」という受験生も少なくないかもしれません。

しかしながら、通信教育講座を120%フル活用して合格を目指す上では、テキストや講義同様、副教材も使い倒すのが常識。講座選びの際、軽視すべきではありません。

行政書士試験対策を検討する際、副教材について具体的にどんな点に注目すべきかといえば、「短時間でサクっと取り組める学習ツールが提供されているかどうか」です。

日々何かと忙しい社会人の場合、どうしても受験対策のためにまとまった時間を確保するのは難しいもの。そんな時、重宝するのがちょっとした時間に活用できる副教材なのです。

最近では、ゲーム感覚で取り組むことの出来る「オンライン学習システム」を提供する講座も増えていますし、もちろん、昔ながらの「単語カード」や「一問一答」の類も代表例です。行政書士試験レベルの難関国家資格対策を進める上では、「スキマ時間をいかに活用できるか」が合否を分けるカギとなります。副教材でいかに学習時間の不足をカバーするのかは、皆さんが思う以上に重要な観点であると言えましょう。

 副教材の活用で、日頃のテキスト&講義学習の成果をブラッシュアップ。

本気で行政書士試験合格を目指す方は、学習計画を練る上では必ず視野に入れておきたいチェックポイントです。

通信だからこそ可能になる、「反復受講」の驚くべき学習効果

「行政書士試験対策に通信教育なんて、合格圏内までたどり着くのは大変なんじゃない?」

「行政書士試験レベルの国家資格ともなれば、通信よりも通学講座の方が良いでしょ」

ひと昔前までの通信教育のイメージを未だにお持ちの方であれば、「行政書士試験対策に通信教育だけなんて」なんてと思われるかもしれません。通信教育といえば基本的にテキストのみ、教材が一方的に送られてくるだけ、といった時代もありましたが、最近ではそんな状況はがらりと様変わり。社会人の資格取得が主流となった今、通学講座を受講できない受験生の間で通信教育がすっかり定番の学習ツールとして定着し、そんな背景から通信教育講座全体の質がぐんと向上してきました。

そして趣味・教養系のみならず、行政書士試験を始めとする難関国家資格対策も幅広く展開されるなど、通信教育がカバーしうる学習範囲は格段に広くなってきています。

ひと昔前と今、時代の流れの中で通信教育がどのような点で変化を遂げたかと言えば、その大きな特徴としては「講義付の講座が数を増したこと」であると言えるでしょう。

通信といえども、文字だけで学ぶ時代ではありません。今日ではDVDやWEB、スマートフォン等、様々な学習ツールによる講義受講が可能になっています。これにより、これまで予備校のクラスで一度受講したらそれっきりだった講義が、自宅で納得のいくまで何度も視聴できるようになり、通信教育の学習効果がぐんと高められました。

最近、「行政書士試験に通信教育で合格」といった方もさほど珍しくなくなったのは、通信教育の質に関わるこうした背景の変化によるものなんですね。これから受講される皆さんも、ぜひ講義付にこだわってみて下さい!

忙しい社会人の資格学習は、“同時進行”が基本

行政書士試験合格を目指す社会人にとって、目下の課題は「勉強時間の確保」であると思います。

やる気はあるのに時間がない → 時間を確保できないからやる気がなくなる
こんな悪循環に陥り、一度は行政書士試験挑戦を志すものの、その計画が頓挫してしまう受験生も少なくありません。

ですが、実際の合格者の中には、仕事をしながらこの試験に挑戦され、合格を勝ち取る社会人が数多くいることも事実。
これらの方は、必ずと言っていいほど共通して、“ある学習法”を実行しています。

キーワードは“ながら学習”
本ページでは、忙しい社会人にこそオススメしたいひと工夫をご紹介することにします。

f47275432f31fa06cbd3d2b102849da0_s

通勤しながら、食事しながら。ダブルで使える時間は有効活用すべし

今からお話しすることは、“合格者に共通する学習法”とはいえ、実はすでに皆さん実行されているノウハウかもしれません。
つまり、さほど特別なことではない、ということです。
その方法は、「何かをしながら勉強できる時には、積極的に取り組む」こと。

例えば、タイトルに挙げたような通勤中や食事中など、目や耳が自由になるようなタイミングでは音声講義を聴講したり、テキストに目を通したりが可能だと思います。
加えて、トイレや女性であればキッチンなど、必ず毎日入り一定時間を過ごす場所に、重要ポイントを書きだした紙を貼っておくのも有効でしょう。
ここで重要なのは、「行政書士試験対策を常に意識すること」「重複して使える時間はすべて勉強に費やす努力をすること」
皆さんの日常では、どんな工夫が出来るでしょうか?今一度、普段の生活を見直してみてください。

「ながら学習」のための学習ツールを確保せよ

何かをしながら行政書士試験対策を進める際、必要になるのは「それに適した学習ツール」です。
具体的に何かといえば様々想定できますが、特に、

は、最低限必要なツールだと思います。
こうした道具が提供されるかどうかも、行政書士試験通信講座選びのポイントのひとつではないでしょうか?

勉強は楽しくなければ続きません

「行政書士試験対策」と名のつく通信教育は巷にいくつもありますが、初めてこの資格に挑戦する方、とりわけ試験範囲について何の知識もないような初学者であれば、「一体どの講座を選んで良いのやら」と頭を悩ませることと思います。

行政書士試験といえば一応難関国家資格だし、とりあえず情報量の多そうな教材を選んでおけば間違いないだろう
難しい試験を受けるのだから、テキストもそれなりに難しそうなものでなければ。

国家試験受験に不慣れであればあるほど、こうした思い込みにとらわれがちですが、実はこうした視点で講座選びをしてしまうのは厳禁。合格を必要以上に遠ざけてしまうことにもなりかねません。

それでは、これから行政書士試験に挑戦する受験生は、どのような教材に目を向けるべきなのでしょうか?
その答えは、ご自身がご覧になって「楽しそう、やってみたい」と思える教材です。

行政書士試験のような難しい試験の対策講座であっても、最終的に「勉強することが楽しい」と感じられなければ長続きしませんし、対策自体が苦痛になってしまってはその資格に対する意欲も薄れてきてしまうでしょう。そんな状況では本末転倒、前向きにその資格を目指す上では教材の存在こそが妨げになるとも言えます。

ちなみに、私自身が実際に見て「良さそう」と思えた教材は、「フルカラーで明るいページ展開」「薄型でコンパクト」「適度な行間があり、見やすい」といった特徴をおさえた通信教育フォーサイトのものです。

本サイトでも、オススメの行政書士試験対策としてご紹介していますが、難解な用語理解がスムーズに進みますし、膨大な試験範囲の中でも要点が明確に示されています。
公式ホームページにてテキストのサンプルが無料で提供されていますから、まずはお試し版でチェックされてみてはいかがでしょうか?

おすすめの行政書士通信講座

全ての方に絶対にこの通信講座が良いとは言えませんが、教材の質や受講料など総合的に見ておすすめできる通信講座を紹介します。
自分一人では学習する自信がないという方は参考にして下さい。

通信教育のフォーサイト

フォーサイトの行政書士講座は出題範囲を絞り、合格に必要な分だけでの学習量で、教材の質が高いと思います。
フルカラーのテキストやハイビジョン講義、e-ランニングなど他社ではほとんど見ることない高度な教材が用意されています。
また、CMや雑誌などの派手な広告を打たず、教室を持たないため、教材の内容を考えれば、受講料はかなりお得です。

資格合格のクレアール

教材そのものの特徴はあまり感じられませんが、資格学校の強みを活かし、独自のカリキュラムを提案してくれサポートも充実しております。
また、資格学校には珍しく、余計な知識を身に付けさせないとことも、通信講座には向いていると思います。