独学で合格できる?

行政書士試験に独学だけで合格できるかどうかという質問には、「できます」と回答しますが、正直言ってあまりおすすめはできません。

市販のテキストを使い自力で勉強しても、的確な学習ポイントが分からず、全範囲を勉強してしまいがちです。行政書士試験を受けるのに3年ほどの勉強期間を見越して、コツコツと勉強し、それが苦痛にならないタイプなら独学でも十分に合格することは可能です。なんといってもテキストや問題集以外のお金がかかりません。この点が、独学の最大のメリットでもあります。

次に行政書士試験のために通学で学ぶという方法があります。
生身の先生がいて疑問点にはすばやくアドバイスをくれますし、一緒に学ぶ生徒と語り合う内にモチベーションはアップします。ただし、先生の当たりはずれは避けられませんし、受講時間は学校に合わせるので社会人には少し難しいのも事実。また、通学は基本的に学費が20万円以上かかることがほとんどですので、これもネックになってしまうという人も少なくありません。

独学と通学の間に位置するのが、通信講座です。試験のポイントを手探りで探すような独学と違い、行政書士試験合格に特化した教材が用意されていますし、価格も5万程度なので、通学のように高額でないのがほとんどです。
もっとも、勉強時間を捻出するのは受験生本人ですし、勉強しなければ、いくらよい教材あっても合格はできません。けれど、合格への最短距離を進めるための材料は通信講座で手に入れることができます。

行政書士試験を扱っている通信講座も数限りなくありますが、無料添削サポートがあったり、メールやFAXで質疑応答が可能な通信講座を選ぶと後々安心して勉強することができます。

独学、通学、通信講座のどれを選ぶにしても、試験当日に「できることはすべてやった!」と胸をはれるよう、悔いのない勉強をすることが一番大切です。

晴れて行政書士の資格を手に入れるその日まで、今日も一日がんばってください!