忙しい社会人の資格学習は、“同時進行”が基本

行政書士試験合格を目指す社会人にとって、目下の課題は「勉強時間の確保」であると思います。

やる気はあるのに時間がない → 時間を確保できないからやる気がなくなる
こんな悪循環に陥り、一度は行政書士試験挑戦を志すものの、その計画が頓挫してしまう受験生も少なくありません。

ですが、実際の合格者の中には、仕事をしながらこの試験に挑戦され、合格を勝ち取る社会人が数多くいることも事実。
これらの方は、必ずと言っていいほど共通して、“ある学習法”を実行しています。

キーワードは“ながら学習”
本ページでは、忙しい社会人にこそオススメしたいひと工夫をご紹介することにします。
f47275432f31fa06cbd3d2b102849da0_s


【 通勤しながら、食事しながら。ダブルで使える時間は有効活用すべし 】


今からお話しすることは、“合格者に共通する学習法”とはいえ、実はすでに皆さん実行されているノウハウかもしれません。
つまり、さほど特別なことではない、ということです。

その方法は、「何かをしながら勉強できる時には、積極的に取り組む」こと。
例えば、タイトルに挙げたような通勤中や食事中など、目や耳が自由になるようなタイミングでは音声講義を聴講したり、テキストに目を通したりが可能だと思います。
加えて、トイレや女性であればキッチンなど、必ず毎日入り一定時間を過ごす場所に、重要ポイントを書きだした紙を貼っておくのも有効でしょう。

ここで重要なのは、「行政書士試験対策を常に意識すること」「重複して使える時間はすべて勉強に費やす努力をすること」
皆さんの日常では、どんな工夫が出来るでしょうか?今一度、普段の生活を見直してみてください。


【 “ながら学習”のための学習ツールを確保せよ 】


何かをしながら行政書士試験対策を進める際、必要になるのは「それに適した学習ツール」です。
具体的に何かといえば様々想定できますが、特に、

・いつでもどこでもさっと開ける“持ち運びしやすいテキスト”
・さくっと取り組める“オンライン学習システム”
・何かをしながら視聴できる“講義映像”“講義音声”

は、最低限必要なツールだと思います。
こうした道具が提供されるかどうかも、行政書士試験通信講座選びのポイントのひとつではないでしょうか?