初学者でも法律の専門家に!独立開業が目指せるスキルアップ資格

一般財団法人行政書士試験研究センターによると、平成26年度の行政書士試験受験者数は62,172名とのこと。

90,000名近い受験者数をマークした数年前と比較すると、若干勢いは衰えてきているのかなと感じられるものの、行政書士試験はまだまだ根強い人気を誇ります。
そもそも、数ある国家資格の中でもなぜ、「行政書士」に注目が集まっているのでしょうか?
行政書士試験対策の極意に先立ち、まずは「行政書士人気の理由」に迫ってみたいと思います。

 今、行政書士試験がアツい理由。それはずばり、この資格が「誰にでもチャレンジできる独立系士業資格」であるからだと思います。
安定した会社員の立場を捨て、自分で何か新しくビジネスを立ち上げようと考えた時、やはり「資格」という後ろ盾があるのとないのとでは、安心感が違いますよね。
ビジネス上、よほど何か良いアイディアがある方であれば別として、ほとんどの方にとっては“独立開業”へのハードルは高くそびえ立つもの。
「いつかは」と思っていても、決定的な「何か」がなければ、たいていは新たな道を歩み出すことはありません。
行政書士試験に合格することで、皆さんは法律家として独立開業することが可能になります。

一番のポイントとしては、この資格には他士業で設定されているような受験資格が存在しませんから、誰でも思い立ったらすぐに受験を志すことができるという魅力でしょうか。
極端な話、これまで法律をまったく知らなかったような方でも、半年~1年程度みっちり勉強することで法律家デビューできてしまうんですから、資格の力はたいしたものです。

また、他ビジネスと比較すれば、圧倒的に低予算での独立開業が実現しますから、漠然と「1人で商売がしたいな」と思われている方にはもってこいかもしれません。

行政書士試験合格は、いわば人生における「プラチナチケット」。誰にでもチャンスがあるとなれば、挑戦しない手はありませんね!