通信だからこそ可能になる、「反復受講」の驚くべき学習効果

「行政書士試験対策に通信教育なんて、合格圏内までたどり着くのは大変なんじゃない?」
「行政書士試験レベルの国家資格ともなれば、通信よりも通学講座の方が良いでしょ」

ひと昔前までの通信教育のイメージを未だにお持ちの方であれば、「行政書士試験対策に通信教育だけなんて」なんてと思われるかもしれません。通信教育といえば基本的にテキストのみ、教材が一方的に送られてくるだけ、といった時代もありましたが、最近ではそんな状況はがらりと様変わり。社会人の資格取得が主流となった今、通学講座を受講できない受験生の間で通信教育がすっかり定番の学習ツールとして定着し、そんな背景から通信教育講座全体の質がぐんと向上してきました。
そして趣味・教養系のみならず、行政書士試験を始めとする難関国家資格対策も幅広く展開されるなど、通信教育がカバーしうる学習範囲は格段に広くなってきています。

ひと昔前と今、時代の流れの中で通信教育がどのような点で変化を遂げたかと言えば、その大きな特徴としては「講義付の講座が数を増したこと」であると言えるでしょう。
通信といえども、文字だけで学ぶ時代ではありません。今日ではDVDやWEB、スマートフォン等、様々な学習ツールによる講義受講が可能になっています。これにより、これまで予備校のクラスで一度受講したらそれっきりだった講義が、自宅で納得のいくまで何度も視聴できるようになり、通信教育の学習効果がぐんと高められました。

最近、「行政書士試験に通信教育で合格」といった方もさほど珍しくなくなったのは、通信教育の質に関わるこうした背景の変化によるものなんですね。これから受講される皆さんも、ぜひ講義付にこだわってみて下さい!