勉強は楽しくなければ続きません

「行政書士試験対策」と名のつく通信教育は巷にいくつもありますが、初めてこの資格に挑戦する方、とりわけ試験範囲について何の知識もないような初学者であれば、「一体どの講座を選んで良いのやら」と頭を悩ませることと思います。

行政書士試験といえば一応難関国家資格だし、とりあえず情報量の多そうな教材を選んでおけば間違いないだろう
難しい試験を受けるのだから、テキストもそれなりに難しそうなものでなければ

国家試験受験に不慣れであればあるほど、こうした思い込みにとらわれがちですが、実はこうした視点で講座選びをしてしまうのは厳禁。合格を必要以上に遠ざけてしまうことにもなりかねません。

それでは、これから行政書士試験に挑戦する受験生は、どのような教材に目を向けるべきなのでしょうか?
その答えは、ご自身がご覧になって「楽しそう、やってみたい」と思える教材です。

行政書士試験のような難しい試験の対策講座であっても、最終的に「勉強することが楽しい」と感じられなければ長続きしませんし、対策自体が苦痛になってしまってはその資格に対する意欲も薄れてきてしまうでしょう。そんな状況では本末転倒、前向きにその資格を目指す上では教材の存在こそが妨げになるとも言えます。

ちなみに、私自身が実際に見て「良さそう」と思えた教材は、「フルカラーで明るいページ展開」「薄型でコンパクト」「適度な行間があり、見やすい」といった特徴をおさえた通信教育フォーサイトのものです。

本サイトでも、オススメの行政書士試験対策としてご紹介していますが、難解な用語理解がスムーズに進みますし、膨大な試験範囲の中でも要点が明確に示されています。
公式ホームページにてテキストのサンプルが無料で提供されていますから、まずはお試し版でチェックされてみてはいかがでしょうか?